Top > 交際クラブ > 疑似的な恋愛の交際クラブ

疑似的な恋愛の交際クラブ

疑似的な恋愛から交際まで楽しめます

何らかの理由により交際出来なくなっている人も少なからずいると思います。最近の男女は彼氏や彼女がほ欲しくないやいらない若者が増えていると言います。それは歌の歌詞にも出てきていて昔は歌謡曲から演歌まで恋愛模様の歌詞がほとんどだったのに今はまったく他のテーマにした歌詞が増えてきています。恋愛が女性の憧れでありその延長上に結婚などがありました。今はその事に夢を持たなくなってきています。一生結婚しない男女が増えてきています。お互いに自由気ままで、ライフスタイルにこだわりがあり、ある意味わがままでもあると言われてしまいます。耐えることや我慢することの価値がなくなってきているのです。特に男性にその傾向が強いと思うのですが、1980年代から出てきたビデオテープレコーダーもその一つです。ビニール本がブームになった後にVHSテープやソニーのベータ方式のビデオテープが出て来た辺りからAVのビデオが一世を風びしていきました。この辺りから女性の裸が簡単に自宅で動画で見れたりと神秘性が薄らいでいった時でもありました。男性の性に関する関心が移って行ったきっかけでもあります。今は簡単に性の処理も出来てしまいます。そういう場合はお店などを利用するのが主流です。これは、疑似的な交際を一瞬の間、楽しめる場所と言っても過言ではありません。またその一瞬の時間があまりにも情緒がなさすぎてかえって後になり空しく感じてしまう年配の男性には交際クラブと言う奥の手もあります。この交際クラブは男女の比較的プライベートな交際が可能ですので本当の恋人関係や愛人関係を望む人にはうってつけです、それなりの費用がかかりますので、お金がある人限定という事になりますね。その関係で私は残念ながら諦めざるを得ないのですけど、1ヶ月に数十万円程度の収入があるのなら十分に利用は可能だと思います。お見合いで結婚するのは過去の話で、今は恋愛自由競争時代ですから、それについていけない男性たちも随分多くいるのです。女性だけが時代とともに確実に進化しているのですが男性はあまり性の原点は進化してなく過去から止まっている男性も多いことは確かのようです。そういう人たちでもお店に行けば普通の男性として扱われるわけですから精神的な慰めになると思います。ここで女性と接することに慣れればプライベートでも役に立つのではないかと私には思えます。世の中慣れだとよく言いますけど交際も慣れだと思います。失敗は成功の元だと思ってドンドン女性にアタックしていきましょう。

東京の新宿、渋谷、恵比寿、六本木、銀座のデートクラブや交際クラブ、交際倶楽部や愛人クラブ

交際クラブ

関連エントリー
疑似的な恋愛の交際クラブ